まいまいしゆうブログ

今日もまいましゆうで。

来年(2018年)の手帳どうしようかな~その1

書店やバラエティショップなどに来年の手帳が並ぶ時期となりましたね。

 

表紙に2018と書かれた手帳。

早くないですか?!

 

でも手帳好きとしては物色できる期間が増えるのでとても嬉しいです。

 

今日はウィンドウショッピング気分で、各手帳のWebサイトを回りつつ、手帳の検討をしてみたいと思います。

 

※長文&次回に続きます

 

 

 

思わず心奪われる手帳 

ほぼ日手帳

 

きっと皆さんご存知、ほぼ日手帳。 

 

公式サイト↓  (リンクが切れる日が来るとは思いますが・・・)

 

ほぼ日手帳 2018

www.1101.com

 

よくネットでも店頭でも見ます。

私の周囲でも使ったことある・使っている人を見ます。

凝った使い方をされている方も多いですよね。 

 

カバー多種多様でかわいい。収納も多い。

 

1日1ページ。日記やイラストを書くのに憧れます。

 

現在発売されている4種類の中ではA6サイズ(文庫サイズ)のオリジナル、A5サイズのカズン、英語版のPlannerが1日1ページだそうです。

英語版出てるの知りませんでした~

 

実は私も8年ほど前に使ったことがあります。(確かA6サイズ)

その時は、紺色のナイロン製カバーを買ったものの、すぐに趣味が変わり、ピンク地に黒の水玉模様の紙を紺色のカバーに貼って,さらにビニールカバーをかけて使っていました。

しかし、たくさんの予定を書き込みたいという希望に反して、当時ほとんど予定もなく、日記を書くのも気恥ずかしくて手帳としては使いこなせていませんでした。

さらに、ほぼ日手帳の重量に私の貧弱な肩が耐えきれず、1年と持たすことができませんでした。(ごめんなさい。)

 

今なら書けるのでしょうか・・・?

 

 

今回ほぼ日手帳のサイトを久しぶりに見ましたが、素材のダウンロードページが充実してることに気づきました!

ほぼ日手帳に貼って使える!

便利!!楽しい!!!

 

Download City - ほぼ日手帳 2018

 

 

EDiT

 

公式サイト↓

 

手帳 2018|EDiTエディット[新しい働き方。新しい手帳。]

www.edit-marks.jp

 

 

マークスのエディット。

1日1ページでいうと、B6サイズ、A5サイズ、B7サイズと揃っています。

 

エディット、これまた数年前に使ったことがあります。(おそらくB6サイズ)

絶妙なカバーの色合いやしっとり感、フォントや線のオシャレ感(あくまで個人の所感)、に惹かれての購入でした。

毎日手にする手帳がオシャレな(だと私自身が思っている)ことでいい気分で過ごせました。

しかし、悲しいかな、ほぼ日手帳と同様に使いこなせず。

だんだん肩にずっしり来るようになり、家に置いていくようになりました。

 

B7サイズだと軽くていいのかなあ。

小さいけど。

 

Webサイトを見て、エンディングノートがあることに気づきました。

 

大人のライフログ用ノート|EDiT〔エディット〕:人生を編集する手帳とノート

 

サイトでは「40代から始める」とありますが、30代の私でもちょっと興味あります。

もうすぐ人生折り返しか。 

 

PAGEM

 

公式サイト↓

 

ペイジェム2018手帳 今日もいい日、明日もいい日。|JMAM(日本能率協会マネジメントセンター)

pagem.jp

 

ペイジェムです。

私の勝手なイメージとしては,女性に優しい雰囲気で、中身もソツがない感じ。カスタマイズなしでも便利に使える良い子。(あくまで個人の所感)

 

実はペイジェム、今使っています。(162×97mmサイズ、B6とA6の間くらい?)

マンスリーの月曜始まりピーチピンク。

表紙のカラーが美しいんですよ。そしてマンスリーに限って言えば、薄くて軽い。

 

手帳は予定を記録するもの、そしてマンスリーページに書ききれない予定は消化しきれないと考えて、日々何かを書きたくなったら手帳ではなく手帳と同じサイズのノートに書いています。

こうすると手帳を開いたときに、うっかりネガティブメモを晒さなくて済むのです。

 

でもこれさえあれば他はいらない、みたいな感じはないのですよね・・・

薄くて小さいし、なくしてしまいそうでこわいです。

なくしたことはないけど。

 

無印良品

 

公式サイト↓ (オンラインストアに飛びます。)

 

無印良品

www.muji.net

 

シンプルなものに憧れる私としては無印良品は外せません。

A6サイズ、B6サイズ、B7サイズとサイズも各種揃っている印象です。

マンスリー、ウィークリー、カバーあり・なし、カバーも塩ビ,スエード調など選べる幅も広そう。

 

この無印良品の手帳、日付が入っているものについては、過去に私は使ったことがありません。

手帳の売られていない時期(夏?)に急に手帳のカスタマイズをしたくなって、日付を自分で入れるタイプを購入しました。

 

たぶん、「再生紙ノート・マンスリー A5・32枚」だと思います。

 

薄くて軽いし、見た目も中身も満点、だったはずですが、日付を自分で入れるというところがネックでして、その後別の手帳に乗り換えた記憶があります・・・

自分の字が嫌いなんです。あとハンコを押すのも面倒で。汗

 

日付が入ってるやつならいいかな~なんて思います。

 

高知家手帳

公式サイト↓

 

「2018年(平成30年)版 高知家手帳」 予約受付中! | 高知県庁ホームページ

 

いわゆる県民手帳です。

数年前から気になる存在の高知家手帳。

ロフトや地元で見かけるたびに私を惑わせるニクいやつです。

 

現在予約受付中で、店舗では10月中旬発売とのこと。(2017年10月11日現在)

2018年版もポケット版(9×14.5cm、A6よりちょっと小さい?)とデスク版(13×21cm、A5よりちょっと小さい?)の二種類だそうです。

 

使ったことがないのですが、2017年版を見ると、高知県の情報ページが充実しており、予定を記入できるページは主にマンスリーとウィークリー。ウィークリーは見開き1週間レフトで、片方のページがノートとして使えます。

 

ほしいなあ。

 

 

そもそも必要なスペックを先に考えたほうがいいんじゃないかと思い始めました

 

ここまで目についたり気になる手帳について、思い出も交えつつ、たらたらと書いてしまいました。

読んでいただきありがとうございます!

 

しかし、焦点絞りきれず、いまひとつどれがいいのか決めきれません。 

 

上記のどれかを選んだとしても、さらにどのサイズにするか、色は?カバーは買う?ついでに付箋やペンも買っちゃう?などなど、手帳を手にするというゴールまでの道筋は果てしなく伸びてゆきます。

 

というわけで、ここからは私が手帳に求めるスペックを考えて、比較していきたいと思います。ホントは最初に考えないといけないことだけど…

 

長くなったので、次回に続きます!