まいまいしゆうブログ

今日もまいましゆうで。

趣味の効果をこの年齢で実感しました

漫画が好きです。
20代の恋愛にはまっていた頃は漫画を読まなくなってましたが、最近また読むようになりました。

そんな深く知ってるわけでもないですが、もはや趣味と呼んで差し支えないと思います。
仕事のない休日以外は読むこともままなりませんが。

先日、3時間くらい飲み食いと休憩を忘れて漫画を読んでました。

ふとトイレに行って、鏡をみてびっくり。

顔がスッキリ、お肌がツヤツヤしてる(気がする)じゃありませんか。
心なしかかわいく見える。

スッキリと言っても痩せたわけではないと思います。
肌も時間の経過で単に脂が出ていただけかもしれません。

じゃあなぜか。

その答えを知るために、まず、鏡にまつわる思い出を振り返りたいと思います。

小さい頃、私はおまじないが好きな子供でした。
よくやっていたおまじないは、鏡の中の自分を見てにっこり笑って「かわいい」と褒めると実際にかわいくなれるというものでした。
(出典を探し当てることができませんでした)

家族がいないスキを見計らって鏡を見るたびにやっていました。
そのため、クセになってしまって、大人になって久しい今でも1人で鏡を見るとうっかりやってしまいます。

このおまじないを続ける中で、かわいくはなりませんでしたが、私はあることに気づきました。
にっこり笑って、本気でかわいいと思えるときと、まったく思えないときがあるのです。

造形は変わらないし肌も急には変わらない。
なので、おそらく表情と自分を見る目が違うのだと思います。
(科学的な根拠はないですが)

とくに最近は仕事のある日とない日で顔つきの違いが顕著で、険しい顔つきをしていて要はブサイクなときは心も穏やかではなかったです。

漫画の話に戻ると。
日周期単位での顔つきの変化は感じていたのですが、数時間で変化を感じたのは初めてでした。


フィクションの話に入り込むことで、一時的に日常(仕事?)を忘れることができて、楽しくなって、自分に対する否定的な気持ちが引っ込んだからかな〜と思っています。

これが世に言う、趣味によるリフレッシュ効果なのでしょうか。
人生のセンパイ方が、こぞって、仕事ばかりじゃなく趣味もあったほうがいいというやつ、もしかして体験しちゃったのでしょうか?

趣味って大事ですね。
仕事もこんな感じで、スッキリした顔つきでやりたいなあ。