まいまいしゆうブログ

今日もまいましゆうで。

集中するのは気持ちいい

と思います。


子供の頃、絵を描くのが好きでした。

端的に言うと、お姫様の絵です。
絵を描いている間は楽しくて、ご飯食べたいとも思わないし、トイレに行きくなってることに気づかないし、テレビも気になりませんでした。

まんがを読むときも似たような感じで、寝食と我を忘れて没頭していました。
(そのわりに、ちゃんとしたオタクにはなりきれていなくて中途半端。)

そうして、思い通りの絵が描けたときの達成感や、読み終わったときの充実感は他に変えがたいよろこびだったような気がします。

これってなんだろーと思ってました。
絵を描くのもまんがを読むのも好きなことなので、趣味だから楽しんだなと長らく理解してました。

でも、こうしたよろこびは他の場面でも得られてて、テスト(勉強ではないことに注意)とか、資料の整理とか、お金の計算(額は問わない)とかでもたまにありました。
仕事してるときでも遭遇するときもあったり(いつもならいいのに)。

なので、趣味だから、じゃないんだろうな。

きっと集中して何かをすることが気持ちいいんだ。
そう思ってます。

そういえば、最近やってない弓道でも、ちゃんと集中できたときは気持ちいいし、そういうときは大概あたる。気がする。(下手すぎて、あたりは少ない。)

同じく最近サボってるヨガもそうかも。



ただ、子供の頃は比較的簡単にそうしたよろこびや気持ちよさを得られていたような気がしますが、最近めっきり減った気がします。


集中というとマインドフルネスを思い出します。


サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法

サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法


雑誌や他の書籍でもマインドフルネスや瞑想を見かけます。
ただ、マインドフルネスに対する理解が浅く、私が感じてる集中と同じかどうかはわかりませんが…


個人的な感覚としては、意識的に集中できたら、きっと毎日が楽しくなるんだろうな~と思ってます。

ストッキングで難儀している件

先日、驚きで顎が外れそうになるほどあっさり破けたパンストに遭遇しました。
3足900円程度のパンストでした。

パッケージが小さくまとまってて美しかったのですよ。
締め付けもなさそうですし。

コンパクト というフレーズが大好き、しめつけ嫌いな私は飛びつきました。
しかし、いざ履いてみようとパンストを手で広げると、「ビッ」という小さい音がして穴が開いてしまいました・・・

どうにか履けた2足目。
そのパンストはとっても薄くナチュラルで美しかったです。
しかしその薄さがアダとなり、ガサツな私には扱いづらいお品となったようです。



私は冬は極厚タイツユーザーですが、夏はガーターストッキングユーザーです。


お店でよく売られているパンストって実は苦手でして。

握力がかなり弱いので(高校の時13kg程度でした)、まず履くときに、ぶっとい自分の足をパンストに突っ込むのに難儀します。
両足突っ込めたとしても、膝より上に上げる余力がほぼない。

毎回ぜーはー息切れしながら履いています。
真夏などは汗をかいてパンストがへばりつくので一苦労です。

履いたあとも下腹部全体が締め付けられるような感じでお腹が痛くなります。

大きめのサイズを履いてみたりしましたが、履き心地はあまり変わらず。


3足セットでお得感のある商品が比較的ゆるく感じるので、たまに履いています。


ちなみに、購入するパンストは1足1,000円が上限でそれより高いものは怖くて試していません。
高いパンストだと違うのかなあ。



パンストがだめでも、今は太ももでストップするタイプのストッキングもあります。
(セパレートストッキングなどとも呼ばれています。)
これは履くときはいいですし、ずり落ちにくいのですが、太ももにフィットしすぎてはき口のところが肌荒れしてしまいます。




というわけで、私のわがままな握力と肌荒れ具合からするとガーターストッキングがベターな選択肢となります。

ガーターストッキングの良いところを挙げると、


  • 下腹部全体が締め付けられない(ガーターベルトによる締め付けられ感はあります)
  • 足への締め付けが殆どなく、比較的簡単に履ける
  • 肌にフィットしている部分が少ないため、肌荒れする箇所を最小限にできる(ストッキングを固定する部分が肌に当たって荒れることはあります)
  • スカートの中が蒸れにくい

価格帯で言うと、パンストよりは高いですけどね・・・(汗

来年(2018年)の手帳どうしようかな~その2

来年の手帳,どうしようかなあと思い、無計画かつ心の赴くままに気になる手帳の公式サイトを徘徊探訪してました。

 

 

maimaisiyu.hatenablog.com

  

 

時間にして4時間。(ニュース検索等のよそ見も含む)

そもそもマンスリーのみでいいのかウィークリーでいいのか?サイズは?色は?わからなくなってきました。

結果、前回のブログは過去の私の手帳エピソードを交えた混沌とした感じに。

 

今回はそもそも自分が求める手帳ってどんなんだという整理から始めようと思います。

 (まずここから始めるべきだった!)

 

※長文です。

 

 

 

 

憧れの手帳ライフ

 

目指すべき目標がないと人間どこに進めばいいのかわかりませんよね。

ということで、手帳のある理想の暮らしってどんなもんでしょう?

 

憧れの手帳ライフは、マンスリーと1日1ページ書けるものを用意してその日気になったことを記録していくスタイル。

やりたいこととか、新しいアイデアとか、絵日記とか、欲しい服とか、買ったものとか描いていきたいです。

文章よりは絵。

 

カフェでスケッチとか憧れです。

 

現実

 

実際は。

このページを開いてしまった瞬間にお気づきでしょうが、私、画力イマイチです。

まあ、手帳は誰に見せるわけでもないので、画力は諦めるとして。

 

さらに私飽きっぽくて、3日坊主というか、3日も続けばいいほうなんですよね。

何か始めても続かんので上達しない→つまらない→やめてしまう。というループです。

前回のブログの過去の私の手帳エピソードにも書いたとおり、1日1ページの手帳はどうしてもかさばるので、飽きてくると、1ページまるまる埋められる楽しみよりも、物理的な重量による持ち歩きのツラさのほうが勝ってしまいます。

 

じゃあ、何が手帳に必要なんだろう。

 

  • 飽きない、使命(予定と締切の記録)だけを果たしてくれるシンプルさ
  • 飽きても持ち続けられる物理的な薄さ、軽さ
  • ビジュアルの美しさ(主観的)
  • 紙っぺらを落ちないように数枚挟んでおけるポケット付きのカバーあり
  • 買い替えにも耐えられるお安い価格帯
  • 書きたいことはメモ帳に書く

 

ということは探す対象としては、こうかな。

 

  1. マンスリー(持ち歩きに必要な予定や締め切りは1日あたり1、2個がせいぜい。1日の予定の管理、進捗管理は別でやる)
  2. ページ数の少ないもの(ノートや情報ページが少なさそう)
  3. 大きさはB7~A5程度
  4. 表紙はパステルカラー(最近の好み)
  5. カバーがついている

 

手帳の比較

 

比較しなくても答えは見えてきたように感じますが、前回のブログで気になった手帳について、上記の1~5の観点でそれぞれ見ていきます。

 

ほぼ日手帳

ラインナップの中で一番コンパクトそうな週間手帳のweeksを見ていきます。

主な特長 - 週間手帳のweeks - 全ページ徹底解説 - ほぼ日手帳 2018

 

  1. マンスリー?⇒マンスリー+見開き1週間(レフト)+他充実のページ
  2. ページ数?⇒240ページ
  3. 大きさ?⇒96mm×187mm×8mm、重さは約125g(ホワイトライン/アイボリーの場合)
  4. 表紙の色?⇒アイボリーがかわいい
  5. カバーあり?⇒標準装備ではなさそう(ネットストアの説明では好きな場所に貼れるクリアポケットがついてくるそうです)

 

ちなみにお値段は1,944円(税込、ネットストア調べ)です。

 

EDiT

「2018手帳・ダイアリーEDiT月間ノート2017年12月始まりA5変型(ETI)/ペーパーバック」を見ていきたいと思います。

表紙から選ぶ/手帳2018|EDiTエディット[新しい働き方。新しい手帳。]

 

エディットのサイトには比較ページ「スペック早見表」があって見やすいです。

 

  1. マンスリー?⇒マンスリー
  2. ページ数?⇒224ページ
  3. 大きさ?⇒A5変型、192mm×135mm(ネットでは厚さがわかりませんでした。)、重さは約215g(ペーパーバックのみの場合)
  4. 表紙の色?⇒アイボリー、ミント、ピンク、パープルがかわいい
  5. カバーあり?⇒標準装備ではなさそう(別売りカバー見つけられず・・・)

 

ちなみにペーパーバックのお値段は1,944円(税込、ネットストア調べ)です。

 

年間プランニングページとか用意されているのはありがたいですね。

カバー付きやカバーの厚そうなお品もありますが、色の好みに合わすと、ペーパーバックとカバー(しかし別売りのカバーをオンラインストアでは見つけられず)という取り合わせになりそうです。

 

PAGEM

「ペイジェムマンスリースリム-i月曜(ホワイトピーチ)」を見ていきます。

商品詳細ページ | JMAM eショップ手帳の店 | 2619:ペイジェムマンスリー スリム-i 月曜(ホワイトピーチ)

 

 

今持っているのと全く同じものです。汗

 

  1. マンスリー?⇒マンスリー
  2. ページ数?⇒64ページ
  3. 大きさ?⇒162mm×97mm×7mm、重さは約82g
  4. 表紙の色?⇒白ですが、少しピンクがかっていてかわいい
  5. カバーあり?⇒ビニールカバーがついている

 

ちなみにお値段は745円(税込、ネットストア調べ)でした。

 

大きさとページ数が少ないことに起因しているのでしょうが、その重さ、スマホより軽い!

 

無印良品

「上質紙マンスリーノート・2017年12月始まりB6・ベージュ」を見てみます。

上質紙マンスリーノート・2017年12月始まり A6・ベージュ | 無印良品ネットストア

 

  1. マンスリー?⇒マンスリー
  2. ページ数?⇒40枚(80ページ程度ってことでしょうか?)
  3. 大きさ?⇒B6(厚さ・重さ不明)
  4. 表紙の色?⇒ベージュ
  5. カバーあり?⇒ビニールカバーがついている

 

ちなみにお値段は450円(税込、ネットストア調べ)でした。 

 

おまけページ等はついておらず、見た目も無印良品らしいナチュラルな色味。

サイズは他にも同様のマンスリーノートがA6、A5と揃っています。

公式サイトに情報が少なくて重さがわかりませんでした。

 

高知家手帳

「ポケット版」を見ていきます。2018年版のみだと情報が少ないので2017年版も参考にします。

「2018年(平成30年)版 高知家手帳」 予約受付中! | 高知県庁ホームページ

「2017年(平成29年)版 高知家手帳」 好評発売中! | 高知県庁ホームページ

 

  1. マンスリー?⇒マンスリー+ウィークリー(レフト)+統計情報など
  2. ページ数?⇒不明
  3. 大きさ?⇒9cm×14.5cm(厚さ・重さ不明)
  4. 表紙の色?⇒青
  5. カバーあり?⇒写真を見る限り丈夫な表紙だが、紙などを挟み込める形式かどうかは不明

 

ちなみにお値段は500円(税込かどうか不明)でした。

 

書く前からわかってましたけど、本体に高知県の情報ページが多いんですよ。

そこが一番いいところなのですけど。

持ち歩くことを考えると・・・うーん。

 

購入するなら家用ですね。

 

結論

 

公式サイトをうろうろし、イメージ先行でピックアップした気になる手帳から、マンスリーのみ、持ち歩きという観点で見てきました。

 

上記の結果から候補を絞り込むと、ペイジェムと無印良品が良さそうです。

 

気分を変えるために、今持っているものとは違うものを使ってみたいとも思っているので、第一候補は無印良品でしょうか。

 

無印良品は近場に店舗があるので、現物を見に行きやすいのもいいですね。

 

 

どうしようかな~

 

ちなみに、例年、悩みに悩んで選び、年の途中(春先とか)で心変わりし、結局1年で二、三冊買ってます。

 

 

 

 

 ※上記は2017年10月12日時点での公式サイト、オンラインストア等での情報をもとにできるだけ正確に書くよう努めていますが、実際に購入される際には最新の情報を公式サイト等でご確認ください。

 

 

 

来年(2018年)の手帳どうしようかな~その1

書店やバラエティショップなどに来年の手帳が並ぶ時期となりましたね。

 

表紙に2018と書かれた手帳。

早くないですか?!

 

でも手帳好きとしては物色できる期間が増えるのでとても嬉しいです。

 

今日はウィンドウショッピング気分で、各手帳のWebサイトを回りつつ、手帳の検討をしてみたいと思います。

 

※長文&次回に続きます

 

 

 

思わず心奪われる手帳 

ほぼ日手帳

 

きっと皆さんご存知、ほぼ日手帳。 

 

公式サイト↓  (リンクが切れる日が来るとは思いますが・・・)

 

ほぼ日手帳 2018

www.1101.com

 

よくネットでも店頭でも見ます。

私の周囲でも使ったことある・使っている人を見ます。

凝った使い方をされている方も多いですよね。 

 

カバー多種多様でかわいい。収納も多い。

 

1日1ページ。日記やイラストを書くのに憧れます。

 

現在発売されている4種類の中ではA6サイズ(文庫サイズ)のオリジナル、A5サイズのカズン、英語版のPlannerが1日1ページだそうです。

英語版出てるの知りませんでした~

 

実は私も8年ほど前に使ったことがあります。(確かA6サイズ)

その時は、紺色のナイロン製カバーを買ったものの、すぐに趣味が変わり、ピンク地に黒の水玉模様の紙を紺色のカバーに貼って,さらにビニールカバーをかけて使っていました。

しかし、たくさんの予定を書き込みたいという希望に反して、当時ほとんど予定もなく、日記を書くのも気恥ずかしくて手帳としては使いこなせていませんでした。

さらに、ほぼ日手帳の重量に私の貧弱な肩が耐えきれず、1年と持たすことができませんでした。(ごめんなさい。)

 

今なら書けるのでしょうか・・・?

 

 

今回ほぼ日手帳のサイトを久しぶりに見ましたが、素材のダウンロードページが充実してることに気づきました!

ほぼ日手帳に貼って使える!

便利!!楽しい!!!

 

Download City - ほぼ日手帳 2018

 

 

EDiT

 

公式サイト↓

 

手帳 2018|EDiTエディット[新しい働き方。新しい手帳。]

www.edit-marks.jp

 

 

マークスのエディット。

1日1ページでいうと、B6サイズ、A5サイズ、B7サイズと揃っています。

 

エディット、これまた数年前に使ったことがあります。(おそらくB6サイズ)

絶妙なカバーの色合いやしっとり感、フォントや線のオシャレ感(あくまで個人の所感)、に惹かれての購入でした。

毎日手にする手帳がオシャレな(だと私自身が思っている)ことでいい気分で過ごせました。

しかし、悲しいかな、ほぼ日手帳と同様に使いこなせず。

だんだん肩にずっしり来るようになり、家に置いていくようになりました。

 

B7サイズだと軽くていいのかなあ。

小さいけど。

 

Webサイトを見て、エンディングノートがあることに気づきました。

 

大人のライフログ用ノート|EDiT〔エディット〕:人生を編集する手帳とノート

 

サイトでは「40代から始める」とありますが、30代の私でもちょっと興味あります。

もうすぐ人生折り返しか。 

 

PAGEM

 

公式サイト↓

 

ペイジェム2018手帳 今日もいい日、明日もいい日。|JMAM(日本能率協会マネジメントセンター)

pagem.jp

 

ペイジェムです。

私の勝手なイメージとしては,女性に優しい雰囲気で、中身もソツがない感じ。カスタマイズなしでも便利に使える良い子。(あくまで個人の所感)

 

実はペイジェム、今使っています。(162×97mmサイズ、B6とA6の間くらい?)

マンスリーの月曜始まりピーチピンク。

表紙のカラーが美しいんですよ。そしてマンスリーに限って言えば、薄くて軽い。

 

手帳は予定を記録するもの、そしてマンスリーページに書ききれない予定は消化しきれないと考えて、日々何かを書きたくなったら手帳ではなく手帳と同じサイズのノートに書いています。

こうすると手帳を開いたときに、うっかりネガティブメモを晒さなくて済むのです。

 

でもこれさえあれば他はいらない、みたいな感じはないのですよね・・・

薄くて小さいし、なくしてしまいそうでこわいです。

なくしたことはないけど。

 

無印良品

 

公式サイト↓ (オンラインストアに飛びます。)

 

無印良品

www.muji.net

 

シンプルなものに憧れる私としては無印良品は外せません。

A6サイズ、B6サイズ、B7サイズとサイズも各種揃っている印象です。

マンスリー、ウィークリー、カバーあり・なし、カバーも塩ビ,スエード調など選べる幅も広そう。

 

この無印良品の手帳、日付が入っているものについては、過去に私は使ったことがありません。

手帳の売られていない時期(夏?)に急に手帳のカスタマイズをしたくなって、日付を自分で入れるタイプを購入しました。

 

たぶん、「再生紙ノート・マンスリー A5・32枚」だと思います。

 

薄くて軽いし、見た目も中身も満点、だったはずですが、日付を自分で入れるというところがネックでして、その後別の手帳に乗り換えた記憶があります・・・

自分の字が嫌いなんです。あとハンコを押すのも面倒で。汗

 

日付が入ってるやつならいいかな~なんて思います。

 

高知家手帳

公式サイト↓

 

「2018年(平成30年)版 高知家手帳」 予約受付中! | 高知県庁ホームページ

 

いわゆる県民手帳です。

数年前から気になる存在の高知家手帳。

ロフトや地元で見かけるたびに私を惑わせるニクいやつです。

 

現在予約受付中で、店舗では10月中旬発売とのこと。(2017年10月11日現在)

2018年版もポケット版(9×14.5cm、A6よりちょっと小さい?)とデスク版(13×21cm、A5よりちょっと小さい?)の二種類だそうです。

 

使ったことがないのですが、2017年版を見ると、高知県の情報ページが充実しており、予定を記入できるページは主にマンスリーとウィークリー。ウィークリーは見開き1週間レフトで、片方のページがノートとして使えます。

 

ほしいなあ。

 

 

そもそも必要なスペックを先に考えたほうがいいんじゃないかと思い始めました

 

ここまで目についたり気になる手帳について、思い出も交えつつ、たらたらと書いてしまいました。

読んでいただきありがとうございます!

 

しかし、焦点絞りきれず、いまひとつどれがいいのか決めきれません。 

 

上記のどれかを選んだとしても、さらにどのサイズにするか、色は?カバーは買う?ついでに付箋やペンも買っちゃう?などなど、手帳を手にするというゴールまでの道筋は果てしなく伸びてゆきます。

 

というわけで、ここからは私が手帳に求めるスペックを考えて、比較していきたいと思います。ホントは最初に考えないといけないことだけど…

 

長くなったので、次回に続きます!

 

招かれざる客(ゴ◯ブリではなかった)

我が家に黒い虫が入ってくるという出来事がありました。

最近の我が家の虫事情

ここ最近ゴキブ〇を見かけていました。

maimaisiyu.hatenablog.com
maimaisiyu.hatenablog.com


気づいたのは朝


朝から窓の近くで何かがぶつかる音はしていたのですよ。
なので、虫がいるのだなあ、でもゴキ〇リじゃなさそうだと思ってはいたのです。

虫苦手だし、ぱっと見た感じ見つけられなかったので放置して出かけていました。


遭遇


夜帰宅したとき絶句しました。
窓の近くの壁に見慣れない黒い物体が張り付いているではありませんか。

黒色の3cm弱ほどの体長だったので一瞬〇キブリかと思いました。

しかし、大きさは似ているものの、ヤツらとは異なるマットな表面。
そして逆三角形のペラペラのからだ。

虫に詳しくないし、写真を見るのも苦手なので検索していませんので名前はわかりませんが、虫です。


この虫は弱っているにも関わらず、どうも天井を目指して動いているようで、壁から落ちては壁を上り、落ちては上り、を繰り返していました。
飛べることは飛べるようなのですが、弱っているせいか飛距離はあまりなく、飛ぶよりも上るしか術がないようでした。
しかも歩みがどことなくよたよたしている。

突っ走る妄想


弱っているとはいえ、飛べる虫です。

飛ぶときに音もするし、夜寝るときに顔に落ちてきたら嫌だ。
たまたま口を開けていてホールインワンしたらもっと嫌だ。

という考えが頭をよぎりました。

(虫苦手です。ごめんなさい!)

決心


安眠のため、私は虫を退治することにしました。
基本的に私は虫を家の外に追い払います。
今回はビニール袋に捕獲してベランダに出す作戦としました。

虫自体が弱っているので捕獲はたやすいだろうと考えていました。

いざ、スーパーのビニル袋を手に壁に張り付いた虫に迫ります。

すると何らかの危険を察知したのか、虫が私の右側に飛んできました。


「ほあああああああああああああああああああああ」



夜中。ご近所の皆さまにはうるさかったことと存じます。
この場を借りてお詫び申し上げます。


思わず声を出してしまった自分自身にびっくりしつつ、虫を目で追うと、床にいました!

ビニル袋をふんわりかぶせれば、いつしか壁や床ではなくビニル袋側に張り付いてくれるハズ。
そう思って、床にビニル袋をかぶせて待ちました。


・・・

・・・


虫、動きはしない。


私、眠い。



作戦変更


このままでは持久戦になってしまう。
そうなると早く寝たい私は不利だ。そう考えて作戦変更しました。

今度は、ビニル袋の口を虫の方に向けて床に置き、ビニル袋の口と反対側から紙で突っつく作戦に出ました。

割とすんなり動く虫。

よしよし!ビニル袋に入るんだ。
そっちじゃない。もっと左に進んで!
と心の中で叫びながら紙で突っつきました。

今日の成果


帰宅から30分程度。

ようやく私は虫を捕獲することに成功しました!


虫をベランダに逃がし、私はようやく安眠の環境を手に入れたのでした。


ア~ヨカッタ。

という誰の役にも立たないお話でした。

もやもやするとき

例え話です。

 

宝探しで、探す場所はわかるけど、肝心のお宝が何かわからない感じ。

彫刻で人を彫りたいのに表情がわからない。

人物画なのにその人の表情がわからない。

 

そんな感じ。

 

ありますか?

 

一番大事なことがわからなくて、でもたぶんあっちの方だというのはわかって、ガムシャラになる。

でもたどり着けない。

何なんだ。どこなんだ。とつらくなる。

 

 

そういう時があります。

 

 

よくわかりませんね・・・

 

 

 

 

 

 

 

ぼく、ゴ◯ブリ!

ぼくはゴキ◯リのこどもだよ!

なまえ?まだないよ!
年齢は、数えかたをよく知らないんだ、ごめんね。

身長は5ミリくらい。
もう体の色は黒いんだ。

仲間から少し離れて、茶色い地面(注1)を歩いていたら、人間に見つかっちゃった。

あわてて逃げたら、人間が執拗に攻撃してくるから、緑色の草むら(注2)に逃げ込んだんだ。
草むらの草は背が高いから、ぼくはつぶされずにすんだよ。

ひやひやしたけど、逃げ切れてよかった☆


注1 テーブルです。
注2 カーペットです。

=======


・・・ちょっとファンタジーというか、現実から逃げる方向で濁したかったのですが、失敗です。
いや、私の目は濁ったかもしれない。


上記のとおり、帰宅して一息ついたときに、小さいゴキブ◯と遭遇しました。


思わず「ひぃぁっ」と叫んでしまいましたよ。

そして。あわてて掃除をしているときにも、紙袋のなかに一匹。


そんなにゴミとかを長く放置してたつもりはないんですけど。

てか、先日の対策はどうなったんだ。


maimaisiyu.hatenablog.com


まだ効いてないのか、それとも私の対策は不足しているのか・・・

賃貸で古い建物なので仕方ないのかな。ただの散歩なのかな、と原因をああでもないこうでもないと考えています。
毎日、◯キブリの脅威におびえつつ、掃除してます。


調べたら、掃除だけでなく、温湿度管理も徹底した方がよさそうなので、この時期なのにエアコンの購入も検討しています。
(我が家にはエアコンがありません。)


とりあえず、検索結果の上の方に写真が出てくるの、縮み上がります・・・